女性のお悩み解決”トリキュラー”

トリキュラーの効果は避妊以外にもある

「トリキュラー」とは、低用量ピルと呼ばれる経口避妊薬です。
低用量ピルは、服用を継続することで避妊効果が得られることで有名です。
日本ではあまり服用する女性は少なかったですが、近年、定着するようになり服用する女性は徐々に増えています。
低用量ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンと二つの女性ホルモンが含まれており、排卵を抑制する働きを持ちます。
トリキュラーは、避妊目的として服用することはもちろんですが、避妊効果以外にも効果があります。
月経困難症の軽減、子宮内膜症の治療、子宮内膜症・子宮体がん・卵巣がん発症の予防、にきびや吹き出物の改善などにもよく使用されます。
トリキュラーなどの低用量ピルは、身体がそれに慣れるまでの1~2ヶ月の間は、副作用が見られる場合があります。
吐き気や頭痛、倦怠感や不正出血が多く挙げられていますが、通常、1~2ヶ月で副作用の症状は治まるとされています。
低用量ピルには、21錠タイプと28錠タイプのものがあります。
21錠タイプは、1日1回1錠を21日間継続して服用して、7日間休薬します。
28錠タイプは、21錠がホルモン量が含まれている錠剤で残りの7錠は偽薬でホルモン量が含まれていません。
飲み忘れがないように偽薬を含んでいます。 
どちらのタイプが良いかは、その方の性格や生活環境によるので、自分に合うタイプを服用することをお勧めします。
低用量ピルは、婦人科などの医療機関で処方してもらえます。
ピルは、一般的に避妊目的としての処方として有名ですが、月経困難症などでも処方してもらえるので、鎮痛剤を服用しても症状が治まらない方などでお悩みの方も、一度、医師に相談されることをお勧めします。

トリキュラー服用で太ることもある

避妊薬の中でポピュラーなのがトリキュラーです。
副作用も少なく多くの女性が服用しやすいので、トリキュラーを処方する病院、置いている病院は実に多いです。
大きな副作用もないので、安心な薬としてお勧めできますが、気になる作用もあります。
それが体重が増えてしまうことです。
避妊薬は女性ホルモンの量を増やすことで、疑似妊娠状態にして妊娠を防ぐことが目的です。
女性ホルモンは体に大きな影響をもたらします。
その作用の1つが水分を溜めこみやすくなることです。
女性ホルモンが多くなるとむくみやすくなるので、その分体重も増える方もいるようです。
太ると言っても2キロくらいが多く、急なホルモンの変化に体が付いていかずに増えてしまうことがあります。
しかし、数か月服用しているとだんだんと体も慣れてくるので、むくみも改善してきますので、体重も落ち着いてきます。
トリキュラーは避妊薬の中でも効果がスムーズだけに、ホルモンの変化も最初は大きくなるので、むくみを感じる方は多いようです。
ですが、これはトリキュラーだけではなく避妊薬全般に見られる初期によくある副作用です。
しばらく様子を見る、適度な運動をする、水分を溜めこみやすい塩分や味の濃い食事を避けるなど、自分でも工夫することで多少は改善されます。
また、体が慣れると落ち着きますので、気にし過ぎはよくありません。
また、太る方と変わらない方といます。
生活の違いや体質の違いによって個人差があるので、必ず太るとは言えません。
トリキュラーを飲むことを休むと自然に痩せる場合も多いので、服用中は意識して食べ過ぎや食事内容に気を付けて健康的な生活をおくることを意識しましょう。
そうすれば太ることも最小限にセーブできます。

コンドームより優れているトリキュラー

トリキュラーは低用量ピルの1つで正しい使い方をすることで、完全と言っていいほどの高い避妊効果を発揮することが出来ます。
では正しい使い方とはどのようなものなのでしょうか。
トリキュラーは21錠タイプと28錠タイプに分かれていますが、21錠なら7日間の休薬期間、28錠なら成分が配合されていない偽の薬の服用を含め、毎日同じ時間に服用することで効果を発揮します。
仮に服用を忘れても指示に従って服用することで高い避妊効果を維持することが出来ます。
低用量ピルと同じように避妊効果のあるものとしてコンドームがあります。こちらも高い避妊効果がありますが、装着具合によっては避妊の効果が薄れる場合もあります。
もちろんトリキュラーも服用を忘れることで避妊の効果が薄くなったりなくなったりする可能性もありますが、少なくとも個人の技量やコンドームの破損等による影響を受けることはありません。
しっかりと服用するという前提はありますが、避妊の効果という観点から見れば、コンドームよりも優れていると言って良いでしょう。
またトリキュラーには避妊効果だけでない女性に嬉しい効果を発揮することもあります。
例えば生理痛の軽減です。生理痛の辛さは人それぞれです。
また男性には分からない領域でもあるので、一般的に理解を得られにくいことが多いです。
しかしトリキュラーの服用により軽減することが出来れば、悩みを解決することの出来る女性もいるでしょう。
また他の効果としてホルモンバランスの安定による肌荒れの改善、生理時の出血量が減り貧血の改善、更年期の対策用として等、その効果は避妊だけに留まりません。
日本での避妊はコンドームが主流と言えます。
しかし避妊の効果等を考えると、ピルの服用を積極的に考えても良いのかもしれません。
■ピルを簡単にゲットする
ピルを通販してみよう