女性のお悩み解決”トリキュラー”

40代の女性ホルモン減少にトリキュラーで対処

40代の女性が悩む体調不良の一つに、更年期障害が挙げられます。更年期障害は加齢に伴う女性ホルモン分泌の減少、乱れによるめまいや発汗、頭痛など様々な症状を引き起こします。
これらの症状は閉経を迎え、女性ホルモンの分泌の乱れが収まるころには自然と治る場合も多いのですが、それまで何年も待っているにはあまりに苦痛に感じる人も多いです。
そんな更年期で悩む40代の女性に使われる薬の一つとして低用量ピルのトリキュラーがあります。
トリキュラーは世界中で広く経口避妊薬として用いられている薬で、錠剤一つ一つに女性ホルモンが含有されています。トリキュラーは1シートに3色の錠剤があり、それぞれの色の錠剤に異なった量の女性ホルモンが含まれています。この異なった量のホルモンが女性のより自然なホルモン動態を再現しており、身体に負担が少なく避妊できるのです。
この女性ホルモンを含んだ錠剤は、40代の乱れたホルモンバランスを整えてくれる働きがあります。減少してしまった女性ホルモンをトリキュラーから補給することで、ホルモンバランスの崩れによる身体の不調は大きく改善される可能性があります。
トリキュラーを始めとする低用量ピルは婦人科で処方してくれるため、現在更年期障害で婦人科を受診されている場合は担当の医師にピルによる治療を希望する旨を伝えてみると良いでしょう。
生活習慣などによっては、ピルの処方が出来ない場合もありますので、医師の指示や注意をしっかり聞いてピルの服用を始めてください。たとえば、毎日タバコを大量に吸うようなヘビースモーカーの方の場合、ピルの服用で血栓症ができやすくなるため処方されない場合があります。しかし、ピルは様々な不調を改善してくれる貴重な薬ですので、医師の指導の下、正しく服用すれば過度な心配は不要でしょう。